WebGL

Vorticity Confinement で渦度を強調する

数日前から作っていた冷気のシミュレーションが完成しました。冷たいボールのような何かから舞い降りる冷気を観察できます。流体計算は Stable Fluids をベースに、移流計算に MacCormack 法を用いて Vorticity Confinement を加えたものになっています。

シミュレーションは WebGL を用いて全て GPU 上で行われます。あまり古くないPCやスマホならそれなりに快適に動作してくれるはずです。

Play: Chill

この記事ではシミュレーション中で使われている手法の Vorticity Confinement について解説します。

Read more… Vorticity Confinement で渦度を強調する

このエントリーをはてなブックマークに追加

Spatial Hashing による高速な衝突検出

自己衝突のある布のシミュレーションを作りました。Works から見られます。Neort にも置いてあります。こっちはメイン部分のソースコードも見られます。

布のシミュレーション手法自体は色々な所で解説されていると思うので、自己衝突検出に利用した Spatial Hashing の説明を書いておきます。

Read more… Spatial Hashing による高速な衝突検出

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトを一新しました

oimo.io

10年ぶりにサイトを新調しました。

ほぼ全面 WebGL で、気合の入った作りになっています。適当に見て回るだけでもそれなりに楽しめるかと思います。

新ブログの方もちょこちょこ更新していこうと思います。旧サイト旧ブログの方はできるだけそのまま残しておきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加